乳児湿疹の原因と治療方法

乳児湿疹とは

乳児湿疹という病名はなく、あかちゃんの肌トラブルを総じて「乳児湿疹」と呼ばれることがあります。
※(乳児湿疹という保険病名はあります)
あかちゃんの肌トラブル(通称 乳児湿疹)には…

  • 新生児ざ瘡
  • 乳児脂漏性皮膚炎(乳児脂漏性湿疹)
  • 皮脂欠乏症・皮脂欠乏性湿疹
  • 接触性皮膚炎(よだれかぶれ・おむつかぶれ等)

などがあります。

新生児ざ瘡

生まれたばかりのあかちゃんの顔にニキビみたいなものがたくさんありますが、病気ですか?

積極的な治療が必要な病気ではありません。
あかちゃんの顔にもニキビができることがあり、あかちゃんのニキビを新生児ざ瘡と呼びます。
あかちゃんの20%に認めます(男の子に多いのが特徴です)。
生後2週頃より発症し、生後数か月以内に自然に消失することがほとんどです。

原因は?

胎盤を介してあかちゃんへ移行したママのホルモンの影響を受け、あかちゃんの皮脂の分泌は盛んです。
この皮脂腺の分泌が盛んなことが原因で、あかちゃんにニキビが生じると考えられています。
また、皮膚の常在菌(マラセチアなど)による炎症が原因とも考えられています。

治療は?

適切なスキンケアによって、通常2~3週間程度で改善します。
1日1回は入浴して、よく泡立てた石鹸(もしくは泡状の石鹸)を用いてしっかり洗うことが大切です。
詳しいスキンケア方法に関しては当院受診時にご相談ください。

乳児脂漏性皮膚炎(乳児脂漏性湿疹)

赤ちゃんの頭皮に鱗みたいな黄色の湿疹があります。病気ですか?

乳児脂漏性皮膚炎積極的な治療が必要な病気ではありません。
ママのホルモンの影響を受け、赤ちゃん達の皮脂の分泌は盛んです。皮脂の分泌が多い頭部・顔・わきの下・首まわり等に、生後2~4週頃より黄色く油っぽいかさぶた状のもの(痂皮(乳痂ともいいます))が、うろこ状につくことがあります。これを乳児脂漏性皮膚炎(乳児脂漏性湿疹)と呼びます。皮膚の常在真菌(マラセチア等)も乳児脂漏性皮膚炎を悪化させる一因とも言われています。

治療は?

適切なケアによって 2ヶ月程度で改善します。
一日一回は入浴し、固着している黄色い痂皮にワセリンやオリーブ油などを塗り、30分くらい浸軟させてから、よく泡立てた石鹸で優しくしっかり洗ってください。必要に応じて非ステロイド軟膏やステロイド軟膏を使用することもあります。

皮脂欠乏症・皮脂欠乏性湿疹

どんな病気?

皮膚表面の皮脂分泌が不足し、角質水分量が減少して、皮膚が乾燥(乾燥肌)してしまう病気です。
乾燥肌の状態を皮脂欠乏症と呼びますが、悪化して湿疹を伴うようになると皮脂欠乏性湿疹と呼ばれます。

原因は?

出生直後は、ママからのホルモンの影響で皮脂が過剰に出るせいで、様々な肌トラブルが生じます(新生児ざ瘡など)。
しかし、生後6ヵ月以降はママからのホルモンの影響が消えて、逆に皮脂の分泌が急に減ってしまいます。
このため、生後6ヵ月以降は乾燥肌(皮脂欠乏症・皮脂欠乏性湿疹)になってしまいます。

治療は?

低湿住環境の改善やスキンケアを行うことが重要です。
冬など乾燥しやすい時期は、加湿器などを使用して適度な湿度を保ってください。
医療機関で処方される保湿剤(ヘパリン類似物質など)や市販の保湿剤を用いて保湿してください。
痒みのある湿疹が2ヶ月以上続く場合は、アトピー性皮膚炎の可能性があるので医療機関でご相談ください。

おむつかぶれ

おむつかぶれとは?

おむつでむれたり、皮膚に残った尿・便の成分が刺激になって皮膚がかぶれたものです。悪化すると、皮膚がただれて(びらん)、痛みや痒みが生じたり、出血することもあります。

診断は?

臨床症状から診断します。

治療は?

スキンケア(拭きすぎない/よく洗う/こまめなおむつ交換など)・軟膏塗布(ワセリンや亜鉛華単軟膏)で治療します。炎症が強い場合、ステロイド含有軟膏を使用することもあります。

おむつかぶれが治りません…

カンジダ皮膚炎かもしれません。おむつかぶれによく似た症状(陰部・臀部の発赤やびらん)を認めますが、治療内容が異なります。
カンジダ皮膚炎とは、カビの一種であるカンジダが原因で起こる皮膚炎です。おむつ皮膚炎と区別するポイントは、しわとしわの間など(尿や便が接触していない部分)にまで炎症が起こっていることです。おむつかぶれにカンジダ皮膚炎が合併していることもあります。カンジダ皮膚炎には抗真菌薬軟膏(カビ用)を使用します。

一番上に戻る
TEL.03-6657-7752WEB予約WEB予約 03-6657-7752

CLINIC医院案内

葛飾バンビこどもクリニック

小児科専門の院長先生がいる葛飾のクリニック

葛飾バンビこどもクリニック

〒124-0006
東京都葛飾区堀切3-35-10 4F

TEL.03-6657-7752

診療時間
  9:00-12:30 午前診療
14:30-16:00 予防接種・健診
16:00-18:30 午後診療

★ 院長がひと月に一回他の施設で診療のため、金曜午後が休診となる日があります。お知らせ欄でご確認の程宜しくお願い申し上げます。

※休診日:火曜日、土・日曜午後、祝日