子どものアレルギー性鼻炎・花粉症

子供のアレルギー性鼻炎・花粉症について

アレルギー性鼻炎には、季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎があります。

季節性アレルギー性鼻炎

一年の中でも一時期だけアレルギーの症状が出ます。花粉症が最も皆さんに知られていると思います。花粉(スギやヒノキ、ブタクサ)などのアレルギー物質が鼻の粘膜に付着することで、くしゃみや鼻汁、鼻づまり(鼻閉)などのアレルギー症状に悩まされます。

通年性アレルギー性鼻炎

一年を通してアレルギー物質によるアレルギー症状に悩まされます。一年中あるアレルギー物質とは、ダニやハウスダストなどです。

症状

アレルギー性鼻炎の症状は、主にくしゃみ・さらさらとした鼻汁・鼻づまり(鼻閉)です。これらの症状を3主徴といい、代表的な症状として挙げられます。そのほか、目の痒みや充血、のどがイガイガした違和感がある、耳の中の痒みや詰まった感じ(閉塞感)、乾いた咳(空咳)、しゃがれた声なども症状の一つです。
お子さまが、異常に目や鼻を擦ったり、まばたきが増えたり、鼻づまりが苦しそうにしていたらアレルギー性鼻炎かもしれません。
また、鼻や目を手で擦ったあとに皮膚が赤くなったり、口をもぐもぐして鼻・口の周りをしかめるなどのしぐさ、鼻血が出る、鼻づまりによる口呼吸や夜中のいびきで苦しそうな様子を見せるときも注意してあげてください。
2~3歳の子どもでもアレルギー性鼻炎を発症するケースがあります。子どもの癖だと思っていたしぐさも、アレルギー性鼻炎の特徴であることがあります。

原因

元来、くしゃみや鼻汁、鼻づまりは、異物を体内に入れないように防御する機能ですが、この防御機能が過剰に反応してしまう疾患をアレルギー性鼻炎と言います。
身体が花粉やハウスダストなどのアレルギー物質を「異物」と認めると、それから守ろうと抗体を作ります。再度鼻から異物が入ると、その異物と粘膜内の抗体がアレルギー反応を起こしてくしゃみや鼻汁、鼻づまりが起こります。
また、アレルギー性物質が体内に入ると、肥満細胞という細胞からヒスタミンが出ます。このヒスタミンがアレルギー性鼻炎の原因ともされています。
ヒスタミンが、鼻の粘膜にある神経や毛細血管を刺激することでくしゃみや鼻汁などの症状を引き起こします。
季節性アレルギー及び通年性アレルギーの原因として、抗原になりやすい物質は以下の通りです。

季節性アレルギー原因
  • スギ花粉
  • ヒノキ花粉
  • ヨモギ花粉
  • イネ科花粉
  • ブタクサ花粉
通年性アレルギー原因
  • ダニ
  • ハウスダスト(ホコリ)
  • カビ
  • PM2.5
  • 黄砂

このように、季節性アレルギーの原因となる花粉には、花粉の開花時期によってアレルギー発症時期が変わってきます。通年性アレルギーでは、引っ越し時期や大掃除の時期、また室内でエアコンを使用する時期などはハウスダストが多いため、アレルギーを引き起こしやすいとされています。
また、注意しなければならないのは、子どものアレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患が、年齢とともに形を変えてアレルギーの病気を発症してしまう「アレルギーマーチ」です。
子どものアレルギー性鼻炎や花粉症、気管支喘息などが大人になるにつれて、大人の気管支喘息へと形を変えて表れるケースがあるので気を付けて見てあげてください。早期のうちにアレルギー性鼻炎をコントロールしておくことで、アレルギーマーチの発症を抑制することができます。

診断・アレルギー検査

まずは、問診で現在の症状や発症時期を聞いて診断していきます。患者さんの臨床症状から診断することがほとんどですが、必要な場合には血液検査を実施します。
当院では、子どもでもできるイムノキャップラピッドという迅速検査でアレルギー検査を実施することもあります。

治療方法

アレルギー性鼻炎の治療の基本は、アレルゲンの除去及び回避をすることが基本です。
必要に応じて、抗アレルギー薬の服用、鼻噴霧用ステロイド薬(点鼻薬)による治療、舌下免疫療法を当院では実施しています。

内服治療

小さい子どもにも使用できる抗アレルギー薬があります。赤ちゃんでも飲みやすいシロップやドライシロップ、チュアブルなど剤型が充実しているので、負担なく服用治療ができます。症状が出る前から飲む「初期治療」が大切です。

舌下免疫療法

舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)は、花粉症の根治療法として用いられる療法です。シダキュア(薬剤)の処方開始によって5歳から舌下免疫療法ができるようになりました。シダキュアを1日1回服用。アレルゲンを身体に慣らしてアレルギー症状を改善していきます。パパやママのスギ花粉症やダニアレルギー鼻炎に対しても、当院では舌下免疫療法を行うことが可能です。

舌下免疫療法について >

一番上に戻る
TEL.03-6657-7752WEB予約WEB予約 03-6657-7752

CLINIC医院案内

葛飾バンビこどもクリニック

小児科専門の院長先生がいる葛飾のクリニック

葛飾バンビこどもクリニック

〒124-0006
東京都葛飾区堀切3-35-10 4F

TEL.03-6657-7752

診療時間
  9:00-12:30 午前診療
14:30-16:00 予防接種・健診
16:00-18:30 午後診療
※休診日:火曜日、土・日曜午後、祝日